EDGEHAUS RECRUIT

​当社の仕事に興味がある方へ

まずは、私たちの会社に興味を持ってくださり誠にありがとうございます。

このページでは合同会社EDGEHAUSに正社員として応募をご検討いただく方へ、当社の掲げる「おかげさまサイズのジモト」づくりにかける想いや当社のシステムについて、簡単にご紹介します。

代表挨拶 

おかげさまサイズのジモトづくり」にかける想いとは?

合同会社 EDGE HAUS​ 代表社員 油原祐貴

まちは「地酒」。ひとは「発酵菌」。

 

ひとを「あつめて・あたためる」と、まちはイキイキと「醸されて」いく。

EDGE HAUSのナリワイは、ひと=「発酵菌」を醸す酒蔵=「コミュニティが生まれる場」づくりです。

 

その土地ならではの発酵菌がイキイキと熱を帯びれば、まちはもっともっと面白くなる!

EDGE HAUSは、そんなことを毎日考えている会社です。

 

「わっしょい、和っ背負い」

 

お神輿を担ぐこの掛け声は、漢字で書くと「和っ背負い」となるそうです。※諸説あり

和の心をもって平和を担ぐ、立場や利害・感情を超えてみんなで力や心を合わせて背負う。

 

小さなまちのなかで、いわゆるコミュニティという類の仕事をしていると、時には面倒なしがらみもついて回ります。

でも、そうした面倒くさいことを、むしろ沢山の人を巻き込みながら楽しんでほぐしていくことが、「地域を醸す」という仕事なんだろうと思っています。

「おかげさま」がつむぐ、愉快な「ひとの輪」

 

生まれ育った土地ばかりではく、土地のご縁で広がった様々な有り難い出来事に感謝し、そのうれしい気持ちをまちに還していく。

そうやって自分のことと、まちのことが少しずつ重なって、愉快な輪がつながっていく。

 

大きな歯車の一部ではなく、確かに自分とまちが、仕事を通じてつながっているという実感。

そんなやりがいを、思いつく限りのアイデアと行動力で味わえる。そんな会社を目指しています。

合同会社 EDGE HAUS​

代表社員 油原 祐貴