• edgehaus

Froschの展示はすごいんです!


いよいよ春爛漫です。

桜も満開ですね。

ちょっとだけ浮ついております、マネージャーの武井です。 ご存知の方も多いかと思いますが、YOL Cafe Froschでは毎月店内で展示ブースを設けております。 様々なクリエーターの方々が、その方のオリジナリティーを存分に発揮して頂いて、froschに彩りを加えて頂いています。 そんな展示ブースのご紹介を少しだけさせて頂きます。

今月は、我々も所属させて頂いている『ウラカシ百年会』の会長の『刺繍 縫 -nui-』さんの展示が開催されました。 『縫』さんのコンセプトである『音と音をつなぐように、糸で人と人をつなぐ…』をそのまま体現されたとても素敵な展示になっています。 多くの方が、その想いに共感された素敵な空間演出です。

そして、『ゲスト店長と展示』をコラボレーションしたイベントも開催して頂きました。 食とアートをコラボできるのもフロッシュ展示の魅力の一つだと思っております。

イベント当日は大型業務用ミシンとDJ機材を持ち込んでの、まさしく音と糸を紡ぎ続け、ご来店のお客様の多くを驚かせる12時間となりました。

フロッシュのロゴをひたすら縫い続けた大作が店内に鎮座しておりますので、是非一度皆様にご覧いただきたいと思います。

このように、多様な表現が出来るフロッシュです。 興味のある方はスタッフまでお声掛けください。 素敵な出会いを期待して・・・

special thanks: -nui-

ryohei yoshioka ryoko yoshioka and more...

#お知らせ

92回の閲覧