初心者でも楽しめる!!ランイベントに参加してきた

September 12, 2018

スタッフ千葉による、Runtrip via Nagatacho 参加レポート

 

Bunny Burrowスタッフの千葉です。

8月18日に開催されたRuntrip via Nagatachoに参加してきました。今回はそのレポートです。

Runtrip viaはランニングサポートアプリruntripが企画をしているもの。あらかじめゴールのみ設定されており、スタート地点とゴールまでのコースは参加者の自由。専用のアプリケーションを起動し、ランニングを行うと自動的に自分の走ったコースが記録される他、他の参加者の位置などが把握でき、ランニング途中で合流ができたり、ゴール後に参加者同士で楽しみを共有できる。

ゴール地点にはイベントやフードやドリンクが楽しめるというもの。開催場所にもよるが、BBQや音楽ライブを楽しめることもある。

ラン初心者による初めてのランイベント!!

 

8月18日、Runtrip via Nagatachoが開催された。

私自身初めてのランイベント参加。Runtripの方からは、「ファンラン(※)なので楽しく走ってください!」と励ましのお言葉をもらったものの、ランイベントはまるっきりのド初心者の私は前日から緊張で眠れず。

 

東京メトロ「二重橋前駅」の階段から噴き出す風にも後押しされながらたどり着いた皇居は、土曜日だからか、私の知っているオフィス街とは一風変わって見える。

「皇居ラン」の話は聞いていたが、イメージとしてはランナーがたくさんいて、森の中の遊歩道を走っているのかな?なんて想像していたが・・・ほとんど道路じゃないですか。しかも道が狭い。溢れんばかりのランナーの数。まるで水族館で見るイワシの群れ?はたまたムクドリの群れ?

一体となり固まって走る軍団の黒い影に圧倒されながらいそいそと着替え、外に出る。

 

まずラン初心者としては走りはじめるきっかけが欲しく、しばらく周りをぐるぐると見学。

ゆったり走る人もいれば、ヌーの群れのごとく激走していくランニング軍団。ペースが似ている人を見つけて、自分のペースで走ろうと決めて、走り始めゴールのNagatacho(永田町) GRID(以下GRID)を目指す。

 

※マラソン大会のような記録を目指すものではなく、楽しみながら走るのが目的のランニング

 

 これが皇居ラン!!と、この日知る

 

気づいたら、自分走れる!

 

スマートフォンであらかじめインスートールしたRuntrip viaのアプリを起動し、自分の参加するイベントを選ぶ。(Runtrip viaは定期的に各地で行われている。)GPSが起動し、自分の走ったルートが自動的に記録されていく。なんだか、これ、楽しいかも?と思い始めたとき・・・背後から70代くらいのおじいさんに声を掛けられる。

 

「あんた初めて?」

「見てわかった」

「俺がついて行ってやる!」

 

短時間ではあったが、スパルタに近いトレーニングをおじいちゃんから受ける。

トレーニング開始から1kmほどだろうか?フェードアウトにも近い別れをおじいちゃんに告げて、再びゴール地点のGRIDを目指す。

 

気づけば3kmくらい走れている!!止まったり歩いたりしているけれど、足を止めずにここまで来れたのは、自画自賛するが「すごい!」

 

なんだかもう少し距離を伸ばしてみたい!と自然に思った。途中でポケモン(想像)くらい大きな鳥を見かけた。ダイサギという鳥ですと、ご丁寧にも看板が近くについていた。

なんだか皇居周辺はランナーに対して看板での喚起も多く、やはり大勢のランナーが利用するだけあるな、と思った。

驚いたことはごみが全然ない!マナーのいいランナーさんが多いことがうれしかった。

 

 

 私の記録。このようにアプリで記録される。

 

ゴール。そしてお楽しみの美味しい朝食

 

国会議事堂の前にきて、パトカーがたくさんいた。参議院と衆議院をぐるりと回って、ゴールへ向かう。スマートフォンでアプリの画面を時々眺めていると、アプリのマップ上に、同じイベントに参加している人の位置情報としてRuntrip viaのマークがいくつも表示され、自分の近くに参加者が走っている人がいることがわかる。

途中合流して一緒に走れるなんて画期的なアプリだと思った。

 

5.5kmほど走ったところで、目的地のGRIDに到着。

アプリの「GOAL」のボタンを押すとここまで走ってきたルートが保存される。

ゴール地点では顔見知りのRuntripのスタッフを始め、他のスタッフや参加者がお疲れ様でした!ナイスラン!」と声を掛けてくれ、気づけばいつの間にかスタート時の緊張はほぐれていて、すがすがしい気持ちになった。

 

今回のRuntrip viaのテーマは、朝ランのあと「朝ご飯を食べよう!」ということで、その楽しみの朝食を目指してワクワクしながらフロアを進むと、何やらいい匂いが。

朝ご飯のメニューは

・夏野菜のラタトゥイユオープンサンド

・枝豆と砂肝のオープンサンド

・ラッシー

・スイカ

色とりどりで目にも鮮やか!

 

 ランニング後のスイカって美味しいんですね

 

 

特にラッシーは塩味かはちみつ味かで選べるとのこと。

しおっけのあるラッシーもおいしい!

カルダモンをトッピングして体にも優しい一品。

 

コリアンダーをトッピングするか悩んだけど、体を温める力があるカルダモンにした。なんだか健康的。

オープンサンドはクルミが入っていて、噛み応えも抜群。スイカは体にこもっている熱を冷ます作用があるとか!

栄養学にも興味津々な私なので、今回のメニューを考案したという女性につい色々

質問してしまった。

本当においしかったんだから。

 

 

また走りたい、また参加してみたい

 

みんなで席について、今まで走ってきたGPSの記録を見ながらRuntripの秋田さんが詳しく、なおかつ楽しく説明してくれた。

 

私もこれからBunny Burrowを拠点にどんどんイベントを仕掛けたいので、学ぶことも多く、秋田さんの説明は本当に勉強になるなと感じた。

遠くから走ってくる方も多く、片道14kmを通勤ラン(※)をしてきたツワモノの方も。

きっと私の一生分を走られてますね…なんて話したら、いやいやトレーニングを重ねればあなたも一か月で10kmくらい走れるわよーなんて言ってくれたり。

 

その他にもgoodrのサングラスの試し掛けができたり、皆さんで写真を取り合ったり本当に楽しい時間だった。

一瞬だけでもランナーとしてあの場に立てた機会をくださったRuntripの方にも感謝。

 

10、11月と手賀沼マラソンや柏リレーマラソンなどが開催され、マラソンシーズンが始まり、

またBunny Burrowでは9月よりランニング部が立ち上がりました。

定期的に練習会を開催しますので、

走ってみたいと思っている方、ぜひ参加してみてください。

練習会の開催情報はBunny BurrowのFacebookページでお知らせしています。

 

※通勤ラン=ランニングで通勤すること。

 2018年7月にBunny Burrowを拠点に行われたイベント

 

 

 

 

 

 

 

Bunny BurrowではRuntripアプリをダウンロードしている方はお得にご利用頂けます。ぜひアプリをダウンロードした上でご来店ください。

 

 

 

Runtripについてはこちら

RuntripのBunny Burrow ランニングステーション情報はこちら

 

Please reload

Please reload