ロックとはフロッシュのことを言うんだぜ!!6周年アニバーサリーイベントをレポート

April 26, 2018

 

 

フロッシュは2018年4月に6周年を迎えました。

これも毎日皆様の支えがあってのことです。ありがとうございます。

 

4月6日から3日間、皆様に日頃の感謝を伝えるべく、

また皆さんに集まって楽しんでいただきたく、

6周年だからROCKという、なんの捻りもないテーマで、3日間のイベントを開催しました。

 

できました、できました。ROCKなビール

「フロッシュ 6th Anniversary 限定オリジナルビールを作りに行きました」でお伝えしたように、

この6周年イベントに合わせてオリジナルのビールを作りました!!

 

 記念動画も作成!!

 

今回はCHERRY BOMB(チェリーボム)とZUBUROCK(ズブロック)という2種類のビールを作りました。

 

CHERRY BOMBはアンバーエールをベースにトッピングのフレーバーには無添加のチェリージュースを加えました。黒ビールにようなしっかりとした苦味とコクがあり、後味にふわっとチェリーの酸味が追いかけてくるビール好きも納得の仕上がりになりました。

ZUBUROCK(ズブロック)はホワイトエールをベースにズブロッカというお酒に使われる桜餅のような風味が特徴のバイソングラス草とラベンダーをフレーバーに使用。ビールが苦手な方でも飲みやすい優しい苦味とフレーバーに加えたハーブがしっかり香るオリジナリティのあるビールになりました。

 

 

1日目は『帰ってきた!農民バル!!』

 

元フロッシュスタッフであり農家でモデル、そしてロシア人ハーフのROCKな男吉岡龍一さんによる、大人気イベント農民バルが、一年振りの復活となりました。

フロッシュオープンから2015年まで吉岡さんはEDGEHAUSのスタッフとして活動。その間週1回「農民バル」という名前で、自らの作った野菜を使った出す日替わり店長としても活動しました。

 

吉岡さんは、現在木更津市にある「耕す 木更津農場」でオーガニック野菜を作っています。今回はそこで採れた、新鮮な野菜と卵をシンプルかつ一番美味しい食べ方で、柏の龍ちゃんファンにたくさん用意してくれました。

吉岡さんに会いにきたお客様で、久しぶりの農民バルは大盛況となり、アニバーサリー3DAYSの初日は大いに盛り上がりました。

 少し老け・・・、いや大人として熟してきました。by元同僚

 

2日目、ドレスコードは60年代ROCK STYLE!!

 

2日目は常連さんやお世話になっている柏の飲食店の方々が、お祝いに駆けつけてくださり、お客様みんなからのプレゼントとしてお花と、スタッフお揃いのエプロンを頂きました!!

ありがとうございます。

 

 プレゼントのエプロンはサロン型と肩掛けのビブエプロンの2種類!!

 

“60年代ROCK”をテーマにBGMや限定フードにもこだわった特別な一夜となり、フロッシュのイベントとしては初めてのドレスコードを設けました。

お客様の間でも数日前から「どんな服装ならいいの?」と店内で話題になり、多くのお客様がROCKな服装で来てくれました。皆さんしっかり準備してきて頂き、スタッフの私たちも嬉しかったです。

 

スタッフの我々も、店長の武井はオールバックで、弊社代表の油原は色つきのサングラスとデニムジャケット、私達女性スタッフもいつもとは違う服装と化粧で皆さまをおもてなし。

いつもと違った雰囲気に、店内がすごく新鮮に感じました。

みなさんにお祝い頂きました。本当にありがとうございます。 

 

10時間生放送のインターネットラジオに初挑戦!!

 

3日目は弊社代表油原がメインDJを務めたインターネットラジオを、Facebook LIVE動画で10時間生配信というROCKな挑戦をしました。

 

アシスタントには柏のシンガーソングライター浅川貴史さんを迎え、ディレクター兼音響にはフロッシュ常連で、毎年大晦日のゲスト店長とくさん、ライブと一緒に柏で活動する地元アーティストに生LIVEを演奏してもらったりと終始大盛り上がりの最終日となりました。

終了直後の油原は「もうやりたくない」と疲れ切っていましたが、収録を観に来てくれたお客様の感想を聞いて、「またやってもいいかな~」と意気込んでいました。

 

今回嬉しかったのは引っ越しや転勤で柏を離れ、頻繁に会うことが難しくなってしまったお客様に生の声をお届けできたことです。

遠くに離れているお客様と同じ時間を共有し、一緒に楽しめたことはスタッフにとっても6周年の素敵な思い出になりました。

生LIVEもあったインターネットラジオは大いに盛り上がりました。

 

日替わり店長の店としてスタートし、いつの間にやら6周年。

コーヒー一杯淹れること、1食の食事を出すことさえままならない飲食店としてスタートしましたが、たくさんのお客様と、日替わり店長の皆様に支えられながら、ここまで歩んできたYOL Cafe Froschは、まさにROCKなお店。

 

7年目のフロッシュも更に楽しんで頂けるよう営業していきますのでよろしくお願い致します。

 

YOL Cafe Froschを運営する合同会社EDGEHAUSは正社員スタッフを募集しています。詳しくは以下のバナーをクリック!!

 

 

YOL Cafe Froschはアルバイトスタッフを募集しています。

詳しくはこちら

Please reload

Please reload